自律神経のバランスが狂うと

こんにちは 男鹿鷹です。

 

寒くなってきました。

こたつに入り、ラジオを聴きながら

楽しみながら遠隔整体をしている

今日この頃です。

 

楽しむと

集中力も効率も上がり、疲れも少ない様です。

 

今日の記事は、

自律神経のバランスが崩れた患者さんの

臨床報告です。

 

・自律神経失調症でお悩みの方

・不定愁訴でお困りの方

・原因が分からない症状でお悩みの方

少しでも、お役に立てれば幸いです。

 

70歳代の患者さん。

全身が不調で、気持ちが悪いとのことで

遠隔整体の施術を希望されました。

 

診断の結果、以下の問題も抱えられていました。

・ご主人に対し、苛立ちのストレスを抱えている

・神経伝達物質のセロトニンの分泌が少ない(心の安定↓)

・ストレス系内臓の機能低下(胃、十二指腸、盲腸、大腸、小腸、膀胱)

 

原因は、

自律神経のバランスの崩れで

副交感神経が優位になっていませんでした。

いつも、交感神経が優位になっていたのです。

 

この現象は、

患者さんが生後2か月のときからで、

自律神経のアンバランスの症状を

祖母からコピーされていました。

 

70数年間、リラックスができていなかったと

思われます。

 

悲しくなりますね。

 

 

あなたは、以下のような症状を抱えていませんか?

 

・常にイライラしている

・ストレスを抱えやすい

・何となく体がだるい

・疲れが抜けない

・頭が重い

・ぐっすり眠れない

・ボーとしている

 

 

それは、

 

自律神経のバランスが崩れたときの

 

「不定愁訴」と呼ばれる状態かもしれません。

あなたは、

 

大丈夫でしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com (スマホ・タブレット・PC対応:新ホームページ)

 

Follow me!