原始反射の残存と症状の関係

こんにちは 男鹿鷹です。

 

最近は、

患者さんの症状と原始反射の残存との関係を

診るようにしています。

 

その結果、

原子反射の残存は、

様々な症状と密接に関係していることが分かってきました。ニコニコ

 

発達障害でお悩みの方

精神疾患でお悩みの方

不妊症・不育症でお悩みの方

認知症をご家族に抱えられているご家族の方

現在抱えられている症状の回復が思わしくない方

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

原始反射の残存は、

様々な症状の発生・悪化・再発などに深く関連しています。

そして、ストレスや想念、外部からの刺激とも関連していました。

 

原子反射が残存していると

以下の様なメカニズメで症状がコピーされています。

孫と祖父母に例えてみました。

 

★ストレスを抱えた(孫)

↓原始反射の影響でストレスが増大し、エネルギーが低下(活性酸素増加)

↓原始反射で形成されているネットワークを通じて、祖父母などにこの情報が伝達される

↓祖父母のエネルギーが低下(活性酸素の増加)

★宇宙エネルギーが降り注ぐ(毎日の様に降り注いでいます)

↓原始反射の影響で外部刺激(宇宙エネルギー)に過敏に反応

↓宇宙エネルギーにより、祖父母の活性酸素が増加して許容量を超える

↓原始反射のネットワークを通じて、祖父母からの想念とともに症状がコピーされる

★新たな症状を抱えたり、症状が悪化したりする(孫)

 

以上の様な事が起きていると思っています。

対策として、

原始反射の消去とと原始反射ネットワークの寸断をしなければ

同じ事が繰り返されるのではないかと思っています。

 

 

上記の内容を事象的にまとめると以下のようになると思います。

 

(1)外部刺激に敏感に反応して大きなストレスを抱える

・以下のような刺激が入ると、深刻なストレスを受けた状態となる。

①肌や髪などに触れられる

②宇宙エネルギーを浴びる

③自分にとってのトラウマ的な言葉

 

(2)原始反射ネットワークを通じて、関連者のエネルギーも低下

・原始反射が残存していると、祖父母などとネットワークが結ばれている。

・ストレスを抱えると、その刺激がネットワークにつながっている人に伝搬する。

・刺激を受けた人のエネルギーが低下する。

 

(3)刺激を受けた人が宇宙エネルギーを浴び、想念を送る

・刺激を受けエネルギーが低下した祖父母が宇宙エネルギーを浴びる

・エネルギーが許容量以下に低下し、想念とともに症状を孫などに送る。

 

 

以上のような経緯で

祖父母や先祖などが抱えている様々な症状が

コピーされているわけです。

そして、その橋渡し役を「原始反射の残存」がしている様なのです。

 

 

例えば

原始反射が残存していると

毎日の様に降り注ぐ宇宙エネルギーを浴びているだけでも

活性酸素の許容量(80%)が超えると

ネットワークにつながっている人に

自分が抱えている身体症状や精神疾患を

コピーするということです。

 

 

これは、以下のような症状すべてに当てはまります。

・発達障害・精神疾患、認知症

・不妊症・不育症

・がん、難病

・アトピー、アレルギー

・腰痛、肩こり

 

 

何らかの症状を抱える多くの方は

 

生後1~3カ月で症状の素因をコピーされています。

 

そして、

 

その後人生のなかでも

 

同じように症状がコピーされ

 

症状が深刻化していくわけです。ガーン

 

世間では、

 

これを遺伝とも言っているようです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com (スマホ・タブレット・PC対応:新ホームページ)

 

Follow me!