認知症1300万人時代到来 解決策はあるのか

こんにちは 男鹿鷹です。

 

ブログの投稿ネタを考えていたら・・・

YAHOO NEWSに

認知症1300万人時代へ 備えは」 という記事が

投稿されていました。

 

日本社会が直面する、認知症「1300万人」時代

高齢ドライバーによる交通事故、徘徊による行方不明、誰にも看取られることなく逝く孤立死――「認知症」が一因と見られる事件・事故が年々目立つようになってきた。だが、これは、世界に先駆けて日本が直面する「認知症社会」の始まりに過ぎない。2025年、国民の1割以上が認知症またはその予備群になる社会では、何が起きるのか。そして解決策はあるのか。(取材・文=NHKスペシャル「私たちのこれから」取材班/編集=Yahoo!ニュース編集部

 

 

 

 

ということで、

今回の記事の投稿ネタは、

「認知症」ということに決定。

 

 

ご家族に認知症の患者さんがいらっしゃる方

将来、認知症になる不安のある方

最近、濃くが悪くなったと感じる方

少しでも、お役にたてれば幸いです。

 

 

認知症(痴呆)とは

記憶や判断力の障害によって生活に支障をきたす状態で、

老いにともなう病気のひとつです。

さまざまな要因で脳の細胞の働きが低下することにより、

記憶力・判断力の障害などが起こり、

社会生活や対人関係に支障が出ている状態です。

 

多分、

女性が一番」抱えたくない病気が

認知症なのでは、ないでしょうか。

 

 

出典:政府広報オンライン

 

 

上図には「細胞が死ぬ」と書かれていて

不死の病のような印象を抱えてしまいますが

そんなことは全くありません。

 

ご安心ください。

 

 

認知症は、改善できる病気です。

発達障害や精神疾患と同じように。

 

実際に、

認知症の患者さんを診させていただきますと

・生まれてすぐの頃に認知症や精神疾患の素因を先祖からコピーされている

・その後、幾度も、認知症、精神疾患をコピーコピーされている

・年齢を重ねるとともに脳機能が低下することで、認知症の症状が出てきた

 

 

また、40歳から60歳代の方が

突然、記憶力が低下したり、認知症の症状を抱えたりされる方も

いらっしゃいます。

 

この場合は、

認知症が発症した両親や祖父母から

認知症の症状をコピーされた場合が多いように感じています。

 

 

認知症の多くは、

・認知症を患った先祖、祖父母、両親などから「認知症」という症状をコピーされ

・脳に活性酸素が蓄積してしまって

・脳が活性化ができずに

・脳が機能低下している状態

・うつ病や統合失調症などの精神疾患を抱えられている

・トラウマ、ストレスを抱えている

状況にあります。

 

 

改善に向けては、以下の対策を行っています。

・コピーされた認知症や精神疾患の症状を解放する

・脳に蓄積された活性酸素を除去する

・脳を活性化する(ブレイン・アクティベーション他のテクニック)

・トラウマやストレスを解放する

 

 

そうすることで

・認知症、精神疾患から解放される

・脳の活性酸素がなくなる

・脳が活性化される

・過去のトラウマ、ストレスから解放される

 

 

ご自身が認知症から解放され

ご家族も認知症の介護から解放されます。

 

 

症状が重く、他人に迷惑をあたえる場合には、

介護施設からも出て行ってほしいと

言われることもあるようなので

早い段階での対策が望まれます。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリニコニコウインク

Follow me!