発達障害・精神障害の新情報 必見です。

こんにちは 男鹿鷹です。

 

今日も、朝5時に目覚めたので

時間フリーの方の遠隔整体の施術を行いました。

 

朝の静かな時間は、空気も集中力も違うように感じます。

 

本日のテーマは、発達障害と精神疾患。

最近、新しい事実が分かりましたのでお伝えします、

 

・発達障害のお子様を抱えられているご家族の方

・ご自身が発達障害を抱えられている方

・うつ病などの精神疾患を抱えられている方

・精神疾患を抱えられている方のご家族の方

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

現在、発達障害の患者さんをお子さんと大人を合わせて

11人診させていただいています。

 

発達障害を抱えられているお子さんの保護者の方は

皆さんとても一生懸命で熱心です。

それなので、保護者の皆さんのパワーに

ぐいぐいと引っ張られている様に感じています。ニコニコ

 

 

最近の事ですが、

患者さんの保護者の方と発達障害の施術に関して

メールでのやりとりを行いました。

 

そのやりとりの中で

施術に対する重要な情報が含まれていることが分かりました。ウインク

 

今回の様に

患者さんや保護者の方とのやりとりの中には

本当に貴重な情報が含まれています。

本当に私を成長させて頂いている様で、大変ありがたいです。

 

今回頂きましたその情報をもとに

もう少し調べてみますと、

 

発達障害や精神疾患の症状別に

頭蓋骨に円状(サークル)の溝は存在する事が分かりました。ニコニコ

 

具体的な症状と溝との関係は、例えば以下の様になります。

 

[発達障害]

・自閉症だと頭の前方部

・アスペルガーだと頭の後頭部

・学習障害(LD)だと頭の上方部

・注意欠如多動性(ADHD)だと頭の下方部

 

「精神疾患]

・うつ病だと頭の中央部

・認知症だと頭の後方部

・対人恐怖症だと中央よりも若干下方部

 

そして、

この溝は、人からの想念による活性酸素で

出来た様です。

 

 

施術は、簡単です。

患者さんの抱えられている症状を意識すると

症状に応じた溝が認識できます。

その溝を意識して解放すると

溝の活性酸素が除去されることで溝が消失して

症状が解放されます。

 

発達障害や精神障害の

個々の症状別に解放するのもよし、

それらをまとめて、

発達障害、精神疾患の大きなくくりでも解放出来ます

 

このテクニックは、

先日の投稿しましたスピチット・ヒーリングⅡ(脊椎の変位を解放)の発展系で、

スピリット・ヒーリングⅢ(頭蓋骨の変移を解放)としたいと思います。

 

このスピリットヒーリングⅡ、Ⅲで

発達障害や精神障害、そしてその他の症状への効果が加速できそうです。ニヤリ

 

私の感覚では、

発達障害や精神疾患に関して100点満点の施術が期待できるものと

思っています。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し詳しく知りたいと、思われた方は
下記ホームページにアクセスしてください。

 

自宅で施術が受けられる遠隔整体
遠隔整体 心と体にやさしい整体院 Mind bo
dy

http://enkaku-seitai.com (スマホ・タブレット・PC対応:新ホームページ)

http://www.geocities.jp/tybnc823/ (PC:従来ホームページ)

 

Follow me!