発達障害・精神疾患の原因因子 マイクロRNA484とは

こんにちは 男鹿鷹です。

 

今日は、

発達障害の原因因子である「マイクロRNA484」についての

記事です。

 

発達障害を抱えている方。

発達障害を抱えている患者さんの保護者の皆様。

精神疾患を抱えられている方。

精神疾患の患者さんのご家族の皆様。

少しでも、お役に立てれば幸いです。

 

今回の情報は、ある患者さんの保護者の方から

教えていただきました。

お子さんの症状を少しでも改善したいとの想いで

本当に、皆さん勉強をされたり、

情報を集められたりされています。

 

こうやって

貴重な情報を提供いただいて

そして、成長までさせていただいて、

本当にありがたいことです。

 

この「マイクロRNA484」についての詳細は、

LITALICO(りたりこ)発達障害ナビ をご参照になってください。

 

以下の文章は、LITALIKO発達障害ナビからの引用です。
「発達障害の原因分子の1つである、マイクロRNA484が発見され、さらに、マイクロRNA484が要因となる発達障害の発症メカニズムが解明された、というのが今回の研究成果です」

 

「発達障害という病態に関わる分子はおそらくたくさんあります。それらの分子が、どのように働いて、脳の機能異常をきたすのかということを理解しなければなりません。本研究成果は、ほんの小さなピースです。膨大な数の小さなピースを組み合わせていくことで、発達障害の全貌が少しずつ明らかになり、治療開発の戦略が生まれてくるのではないかと考えます。」

 

以上の貴重な情報を、私なりに調べてみました。

その結果、分かったことは、以下の3点です。

 

マイクロRNA484は、発達障害・精神疾患の原因のひとつです

・マイクロRNA484は、原始反射の残存と2大要因であるかも

・マイクロRNA484は、祖父母や両親など、人から人へコピーされる

 

発達障害と精神疾患の原因のひとつである

発達障害や精神疾患を抱えられている方を診てみますと、全ての方にマイクロRNA484が確認できました。

精神疾患を抱えられていない方には、マイクロRNA484は確認できませんでした。

 

原始反射の残存と2大要因であるかも

現時点で、発達障害や精神疾患の2大要因は、原始反射の残存とマイクロRNA484と思っています

この2大要因を消失させることで心の病気でお困りの方が救われるものと思います

人から人へとコピーされる

多くの方が祖父母や両親から生まれて間もない頃にコピーされていました。

大人になって発症された方は、大人になってどなたかから、コピーされたのかもしれません。

 

 

 

このマイクロRNA484を

施術で解放出来ることが確認できました。ニコニコ

そして、先週末から、本格的に施術に取り入れ

効果確認を始めたところです。

 

 

解放した後に、

ご先祖などから極力コピーされない様に、

ご先祖も癒すことが必用になってきます。

 

そこで

先日の記事でご紹介した

先祖を癒すことができる

「バック・トゥ・ザ・ご先祖」テクニックの出番となります。

 

 

 

やはり、

殆んど全ての事が

ご先祖から延々と受け継がれれ来ているわけです。ガーン

 

良い物は、受け継いで

悪いものは、今の世代でリセットすることが必用です。

 

今は、

皆さま方から貴重な情報をいただくなどして

発達障害と精神疾患の施術が

また1歩、力強く、前進したように感じています。ウインク

 

尚、発達障害に関する施術内容は、

発達障害でお困りの方へを参照してください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com (スマホ・タブレット・PC対応:新ホームページ)

 

Follow me!