発達障害の学習障害(LD)を深掘り

こんにちは 男鹿鷹です。

 

 

 

今日のテーマは、発達障害の学習障害(LD)です。

深掘りしてみたいと思います。

 

学習障害(LD)とは

学習障害(LD)は、主に、読字障害(読むことが困難)、書字表出障害(書くことが困難)算数障害(算数、推論が困難)の3つに分類されます。

但し、上述のすべての機能が困難というわけではなく、一部の機能が困難な場合が多いようです。

 

・読字障害(ディスレクシア)とは

「字を読むことが困難な障害」のことを読字障害と言います。
「難読症」とか「読字障害」と呼ばれたり、読むことができないと書くことも難しくなることから、「読み書き障害」と呼ばれることもあります。
代表的な症状には以下のようなものがあります。

・文字を一つ一つ拾って読んでしまう。
・単語あるいは文節の途中で区切ってしまう。
・読んでいるところを確認するように指で押さえながら読む。
・文末などは適当に自分で変えて読んでしまう。
・ページの読み初めに比べると終わりの読みは格段に誤りが増える。
・文字間や行間を狭くするとさらに読みにくくなる。
・音読よりも黙読が苦手である。
・一度、音読して内容が理解ができると、二回目の読みは比較的スムーズになる。

・書字表出障害(ディスグラフィア)とは

話したり行動することはでき、文字を読むこともできるのに、文字が書けなかったり、苦手だったりします。
症状の現れ方や苦手なことは、個々により異なりますが、代表的な症状には以下のようなものがあります。
・書き文字がマスや行から大きくはみ出してしまう。
・文字を書くときに鏡文字を書く。
・年相応の漢字を書くことができない。
・文字を書く際に余分に線や点を書いてしまう。
・間違った助詞を使ってしまう。
・句読点などを忘れる。

・算数障害(ディスカリキュリア)とは

基本的な数字(1,2,3)や、計算式で使う記号(+,-,+,÷)の認識が困難です。
また、数字そのものの概念、規則性、推論が必要な図形の領域を認識するのが難しいです。そして、視覚認知の機能が弱く、数字を揃えて書く、バランスを考える、文字間の距離感を取るなどが苦手です。
そのため、筆算を書く際に桁がずれることも多くなります。

 

算数障害の主な特徴

・簡単な数字、記号を理解しにくい。

・繰り上げ、繰り下げができない。

・数の大きい、小さいがよく分からない。

・文章問題が苦手、理解できない。

・図形やグラフが苦手、理解できない。

 

 

学習障害(LD)の原因

 

・読字障害(ディスレクシア)の原因

虐待をされた先祖や親からの影響を受けていると思います。

原始反射のパーマー反射射が残存しています。

強迫性障害(不潔恐怖など)の症状も抱えられています。

 

・書字表出障害(ディスグラフィア)の原因

借金の踏み倒しなどをされた先祖や親からの影響を受けていると思います。

原始反射の脊髄ガラント反射が残存しています。

統合失調症、認知症も抱えられています。

 

・算数障害(ディスカリキュリア)の原因

性拒否をされた先祖や親からの影響を受けていると思います。

原始反射の被対称性緊張性頸反射が残存しています。

摂食障害、うつ病も抱えられています。

 

 

学習障害(LD)の症状への対応

・先祖、両親、ご自身、他人からの影響があればそれらを浄化します。
・残存している原始反射を統合し、付帯症状も浄化します。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリ

Follow me!