太陽光(ソーラー)パネルの健康被害に要注意

こんにちは 男鹿鷹です。

 

 

今日のテーマは、太陽光(ソーラー)パネル

最近は、太陽光(ソーラー)パネルを付けた家や施設・店舗が多いですね。

 

 

私も趣味の園芸などで近くのHC(ホームセンター)に良くいくのですが、

嫌なエネルギーを感じることがありました。

まだこの時は、原因は、分かりませんでしや。

 

 

最近、家のデザインに興味がで湧いてきて

車での移動中によく家を見たりします。

 

屋根に太陽光パネルを付けている家は、

良くないエネルギーが出ていることが最近分かりました。

 

そのネガティブなエネルギーを調べると、

太陽光システムからの電磁波ではないかと推測するに至りました。

 

太陽光パネルでは、光で直流(DC)を発生させます。

家の電気は交流(AC)なので

パワーコンディショナーで直流から交流に変換して

家庭で使えるようにしているようです。

 

どうも、この時に、電磁波が出ているようなのです。

 

 

では、

太陽光発電の電磁波が人体の何処に影響を与えているのでしょうか。

 

ズバリ、副腎に悪影響の様なのです。

副腎とは、内分泌(ホルモン)系の臓器です。

 

そして、どんな病気になるのかを調べてみると

副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)の様でした。

 

よく、更年期障害と間違われる病気だと思いです。

 

 

 

皆さん

 

太陽光発電は良く考えてから

 

導入したほうが良いようです。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

 

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリ

Follow me!