吸啜/探索反射とトゥレット・人格障害の関係

こんにちは 男鹿鷹です。

 

 

いよいよGWの最終日ですね。

実は私、GW中一歩たりとも自宅の外に出ていません。

相変わらず、引きこもっています。ガーン

 

 

 

本シリーズのテーマは、

原始反射と発達障害、精神疾患、脳との関係です。

 

今日は、その3日目として、

吸啜(きゅうてつ)/探索反射を取り上げます。

 

 

吸啜/探索反射は、

発達障害のトゥレット症候群、

精神疾患の人格障害、

脳のウエルニッケ言語野と関連しています。

 

吸啜/探索反射は、赤ちゃんがおっぱいを吸う

原始反射です。

この反射がないと、赤ちゃんは生きていけません。

 

吸啜/探索反射が残存していると

トゥレット症候群も抱えられていて

脳のウエルニッケ言語野の機能が低下していると思いますので

コミュニケーションに影響がでると考えられます。

 

 

まず、原始反射とは

原始反射

  • 胎児が生き残り、成長するために子宮内で現れる「反射的(自動的)な動き」です。
  • 脳幹によってコントロールされています。
  • 出生するプロセスに必要で赤ん坊の初期の発達に重要です。
  • 一つの反射が出現→発達→統合(卒業)してまた次に必要な反射が出現する、といったようにドミノ倒しのように順番に、連続的に現れます。
  • 臨界期の子どもが、生き残るために大切な役割を果たします。
    ※臨界期とは、生後初期のある期間で、神経が集中的に作られたり、回路の組み換えが盛んに行われたりする、特に感性豊かな時期です。
  • 反射を統合(卒業)して中枢神経系が発達すると、より高次の脳(大脳)によって、その働きは抑制されていきます。
  • 反射を保持したままでいること自体は、病気でも症状でもありませんが、
    それによって、本人が生きづらさやお困り感を持っている場合、その統合を扱うことは、全く新しい解決になります。

一般社団法人 ここ・からだ 引用

 

 

吸綴反射/探索反射とは

吸綴反射
Juvenile Suck Reflex

唇の辺りを触れたり、刺激されると、舌を出しておっぱいを吸うような仕草をします。
吸綴反射の保持によって、下記のような兆候に結びつくことがあります。

  • 言葉や発音の問題
  • 飲み込んだり、噛んだりすることが困難
  • 話しながら同時に手作業することが困難
  • 書くときに頻繁に舌や口が動く
  • 噛んだり、話したりするときに、特に手が不器用
  • 不正咬合Class II (下顎が奥に入っている:受け口の反対)

 

 

探索反射
Rooting Reflex

軽く頬に触ったり、唇の端が刺激されると、赤ちゃんは刺激された方に顔を向け、吸うための準備として舌を舐めずるように出します。この反射は、お母さんのおっぱいを吸うための助けになります。

探索反射の保持によって、下記のような兆候に結びつくことがあります。

  • 口周りの感覚過敏
  • 舌が前に突きだしている
  • 口から食べ物をこぼす、たらす
  • 話すことの問題
  • 噛んだり、話したりするときに、特に手が不器用
  • ホルモンバランスが悪い

 

一般社団法人 ここ・からだ 引用

 

以上の様に、

吸啜/探索反射の特徴が様々あります。

 

 

当院では、

原始反射、発達障害、精神疾患、脳との関係を意識して

セットで症状を解放しています。

 

当然の様に

複数の原始反射の残存を抱えられている方や

全9種の原始反射の残存を抱えられている方も

いらっしゃいます。

 

でも、施術の方法は同じで、抱えられているすべての

原始反射とその他の症状を意識して

解放するだけです。

 

 

当院の具体的な施術方法は、以下をご覧ください。

・発達障害でお困りの方へ

・精神疾患でお困りの方へ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリ

Follow me!