男鹿鷹メソッド 世界一受けたい施術と言わせたい

chakra遠隔透視・印知感覚を使った当院オリジナル操法で、全てが遠隔整体でも対応出来るメソッドです。

進化している途中ですが、現在の状況を以下にご紹介します。

 

ブレイン・グローアップ

知的障害を改善する目的で開発した、脳を成長・育成するテクニックです。
発達障害の患者さんを診たときに、ある分野では非常に高いスキルを抱えられているが、そのほかの分野でスキルが低かったり、一般の生活で必要な分野のスキルが備わっていなかったりすることが分かりました。

この凸の部分は残して、凹の部分のスキルを引き上げたり、一般の生活で必要なスキルを増やして、生きずらい生活から脱却を図ることを目的としています。

イメージ的には、縦軸がスキルの高さ、横軸がスキルの数です。
縦軸を高くし、横軸を広げることで、全体的な知的能力をアップさせるということです。

オートファジー・テクニック

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅栄誉教授の研究「オートファジー」の機能を活性化するテクニックです。

オートファジーとは、細胞が自らのたんぱく質を分解して再利用する働きの事で自食作用とも言うそうです。

以下、ママスイッチから引用

オートファジーの働きは人間の健康や病気の発症に大きな影響を与えるとされ、オートファジーの異常はパーキンソン病や糖尿病を引き起こします。また、オートファジーの遺伝子の変異は、がんや神経疾患を含むいくつかの状態に関与しているとも言われています。

つまり、オートファジーの機能の解明が進むことで、がんや神経疾患などの病気の治療法の開発が可能になると言われています。

例えば、膵臓癌では遺伝子の異常が原因で、オートファジーが過剰に働き、癌の発症や癌細胞の増殖につながります。逆に言うとオートファジーを抑制することで、癌の発症や癌細胞の増殖抑えられる可能性があるというわけです。

これまで治らないと言われていた難病の治療や抑制に、オートファジーのコントロールが有効になると考えられています。

ネガティブ・ネットワーク開放テクニック

ネガティブ・ネットワーク(造語)とは、両親や祖父母などの先祖などとの間でネガティブな情報を相互に送受信するネットワークを表しています。

このネットワークが確立されてしまうと、以下の様な問題が発生します。
・ネガティブな宇宙エネルギーを浴びた先祖からの想念が送られる
・自分が抱えたストレスが先祖に伝わり、心配した先祖から想念が送られる

本テクニクは、これらの問題が怒らないようにネガティブなネットワークを切断して開放するテクニックです。

DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)テクニック

脳の消費エネルギーの大半を使っているのがDMN(デフォルト・モード・ネットワークテ)という脳の回路です。

このDMN(デフォルト・モード・ネットワークテ)は、脳が何も働いていないアイドリング状態の時でもエネルギーを消費しているため、脳疲労全体の60~80%を占有しているといわれています。

今回のDMNテクニックは、脳がアイドリング状態の時には、脳のショウヒエネルギーを使わないようにした脳疲労改善テクニックです。

施術を受けられた受験生の患者さんは、「今までと違って試験の後でも脳の疲れが全くない」と言っていただいています。

SODテクニック

SODとは、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の略で、体内で過剰となった活性酸素を取り除き無毒化してくれる「酵素」のことです。

スーパー・オキサイドは 「活性酸素」、ディスムターゼは「取り除く酵素」を意味します。
からだの中の過剰な活性酸素の害を防ぐために、体内の細胞でSODを生産し、このSODのお陰で過剰な活性酸素の害を防いでいます。

しかし、SODは年齢による影響を受け、体内のSODの力は35歳を過ぎる頃から急激に落ちます。
そのころから、活性酸素の害で発生する生活習慣病、ガンを始め各種の疾患、シミ、シワ等の皮膚障害が増えてくるわけです。

sod1

画像出典:Anti Ageing

さらに、SODは個人的な能力差もあり、遺伝的な要素にも影響されます。
遺伝的にSODの力の弱い方は、年齢に関係なく、若いころから多くの活性酸素の害を受けることになります。

「SODテクニック」は、上記の様な理由で、お困りの皆様のSOD能力を活性化するテクニックです。
施術を受けて頂くことで、体に溜まっていた活性酸素が除去されることで症状も改善され、シミ、シワにも効果があるため若返りともに元気になって頂けます。

 

スピリット・ヒーリングⅡ

元々は、キリスト以来最大の霊的治療家ハリー・エドワーズが行っていたとされる霊的治療(スピリット・ヒーリング)を自分なりに解釈した当院オリジナルのヒーリングメソッドです。

今回このスピリット・ヒーリングを更に進化させ、治癒霊(エンジェル)に症状の治療ポイントを訪ねて、教えてもらった治療ポイントを施術し、症状を解放するというテクニックで、スピリット・ヒーリングⅡと名付けました。

ヒーリングの対象は、様々な精神疾患(発達障害、うつ病など)や体の病気(がん、水虫、不妊症など様々な症状)に対応できます。

腸内フローラダイエット

私たちの腸には、たくさんの細菌が住みついていて1人1人様相が異なるようです。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」と呼ばれている様です。(お花畑= flora)

これら腸内にすんでいる細菌は腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなる様です。

その中肥満に関係する「デブ菌」と「ヤセ菌」が存在する様です。 「デブ菌」とは、消化されたものを体内に溜め込んでしまう菌=ファーミキューテスのことで、 一方、健康な体をつくるために働く「ヤセ菌」(バクテロイデーテス)という菌群も有る様です。

問題なのはその比率。 理想なのは、「デブ菌」と「ヤセ菌」の比率が4:6との事です。その比率が7:3になると肥満につながってしまう様です。

「腸内フローラダイエット」では、腸内細菌の「デブ菌」と「ヤセ菌」の比率を4:6にし、適正化を図ることで肥満対策としています。

遺伝的素因解放テクニック

両親から受け継いだ「体の病気」と生まれた後にインストールされた「心の病気」は、実は脳のある部分にも記憶されている事が分かりました。

そして、この脳に記憶されている両親が抱えたいた「体の病気」と「心の病気」の情報を消し去ることで遺伝的な病気の素因が体と心から消し去ることができるというテクニックです。

この施術を受けて頂くことで、先祖から脈々と受け継がれてきた負の遺産である心と体の病気が自分から消え、これから生まれてくるであろう子孫にも遺伝的素因を遮断することができるというわけです。(2016.3.15)

イメージ・アーシング

体の中に溜まっているネガティブなエネルギーを大地に流すルートを修復し、ネガティブなエネルギーが体に滞留することを防ぐテクニックです。

生まれた当初はこのルートは閉ざされていないのですがストレス・トラウマや外部からのネガティブなエネルギーによりこのアーシングルートが閉ざされている方がいらっしゃることが分かりました。

このルートが閉ざされるとネガティブなエネルギーが体に溜まることで人や外部環境からのエネルギーに過敏に反応して、人によっては体調を崩したり、時にはパニック状態になり誤動作することがある様です。

今回、これらのアーシング・ルートが閉ざされている方を想い、イメージ・アーシングのテクニックを開発しました。

尚、このアーシングルートは、尾骨、性器、両手、両足の合計6か所です。

胆嚢ダイエット

ダイエットを試みるが結果が出せていない方を想い、メタボな方の共通点をリモート・ビューイングで調べてみました。

その結果、肝臓が作った胆汁という消化液を貯蔵する「胆嚢が機能低下」している共通点が判明しました。

メタボな方の胆嚢に活性酸素が走行していて機能低下を起こすことで胆汁の循環(腸肝循環)が悪化し、脂肪が分解されにくくなるのではと推測しています。

さらに、消化吸収が悪化しますので体は栄養を欲しがり食べ過ぎにも繋がると思います。

胆汁が不足すると血液がどろどろ状態となり、糖尿病や高血圧、痛風の原因ともなる様です。
また、胆嚢を全摘出した方が急激に体重が増加したとの情報もある様です。

この機能低下している胆嚢の活性酸素を除去することで胆嚢は機能回復し、胆汁の循環が図れるということです。

独自のリーディングによる効果予測では、施術後、4か月目で標準体重に近い値になるという結果がでました。

この「胆嚢ダイエット」に加え下記の「BMRテクニック」を施術することでさらに効果が加速できるものと思っています。

本物思考のあなたのダイエット・テクニックの誕生です。

AO(active oxygen)テクニック

体に溜まっている体のサビで癌(がん)や老化の原因でもある活性酸素を体内から除去するテクニックです。当院での癌(がん)患者さんの臨床中に生まれました。

活性酸素は、呼吸で取り入れたうちの2%が活性酸素になると言われていて、激しい運動、ストレス、紫外線、喫煙、食生活の乱れにより増加する様です。

当院の独自の調査の結果、他人から受けたネガティブなエネルギー(想念)も活性酸素であることが分かり、特に癌(がん)が発生している箇所がこの活性酸素で覆われていることも分かって来ました。

そこで、癌(がん)などの病気や老化(アンチエイジング)の原因である活性酸素を体内から全て除去する目的で開発したのがこのAOテクニックです。

活性酸素は生活の様々なシーンで発生するため根絶は難しく、このAOテクニックを定期的に受けて頂くことで、癌(がん)や病気の予防や改善、そしてアンチエイジングの強い味方になり得ると考えています。

BMR(basal metabolic rate)テクニック

1日の総消費エネルギー量のうち、基礎代謝量によるエネルギー消費が全体の60%を占めているということに着目したダイエット・テクニックです。

メタボ体質やダイエットをしても中々効果が出にくい方の大きな特徴は、基礎代謝量が通常の方の30%以下であることが独自の調査で分かりました。

この基礎代謝量は、潜在意識に設定されていて 新生児の時に両親や祖父母から設定されたり、ストレスやトラウマを抱えると設定が変わったり他人からのネガティブな感情で設定変更されることが分かって来ました。

さらにメタボ体質の方は必ずと言っていいほど多くのストレスを抱えられている様で、そのストレスの86%が自分自身へのストレスであることが分かりました。

そこで、BMRテクニックで潜在意識に記憶されている基礎代謝量の設定を100%に書き換えるとともに、患者さんの抱えているストレス・トラウマを解放します。具体的には、内臓の肝臓、膵臓、小腸が自動的に活性化されるようです。

たったこれだけで、 基礎代謝量がUPして、スリムなボディへと向かい始めます。
基礎代謝量とは、眠っている時の代謝量であることから、『眠りながらダイエット』と言っても良いかもしれません。


ピュア・リターン

ストレスやトラウマ、体の痛み等を抱えられているお客様に対し、お客様が生まれたてのいわゆるピュア(純粋)な時期に変容させることで、お客様が抱えられていたトラウマや痛み・病気の素を解放するテクニックです。

トラウマ代理解放テクニック

ストレスやトラウマ、感情をお客様に替わって、施術者が代理で解放するテクニックです。

院内でトラウマなどを解放する時は、お客様にも参加して頂くことを目的に、共にアファーメーションして解放していますが、遠隔整体ではリアルタイムでの会話が難しいのため、このテクニックを使ってトラウマを解放しています。

診断結果を全て認識した後にこのテクニックを使うと、トラウマやストレスとともに診断結果の症状の全てが、解放されます。

但し、診断が漏れている箇所があると、当然のようにそこは解放できません。ですから、診断は大変重要なのです。

ブレイン・アクティベーション

ストレスやトラウマを抱えやすい方や精神的な疾患を抱えられている方の改善をお手伝いしようと願い、開発したテクニックです。

対象の方の多くは、脳の前頭前野(前頭連合野)の右側が左側に比べ活性化しています。このため、ストレスを多く溜められたりネガティブな思考をされる特徴があります。

それに比べ、ストレスを上手くコントロールされたり、流せたり出来る方は、前頭前野の左側が活性化していることが分りました。

調査の結果、両親を含めた周囲のネガティブ思考の方から、新生児の時にトラウマと一緒に「ネガティブ思考」をコピーされて前頭前野の右側が活性化する事が分りました。

そして、その時のトラウマと同時に「ネガティブ思考」を解放することで、左側の前頭前野が活性化し、「ネガティブ思考」から「ポジティブ思考」に変われることが可能となりました。

また、脳の特定部分(海馬や視床下部、脳下垂体など)の活性化を促したり、パニック障害・PTSDや不登校などの脳に問題を抱えられている方に多くみられる「恐怖の条件刺激」や「条件反射の回路」の部分にヒーリングを行うことでトラウマ・ストレス起因による症状改善を行っています。

その他にも頭蓋骨の歪みを整えたり、脳のデトックスを合わせて行います。

○ストレスを溜めやすい方やどちらかというとネガティブ思考の方にお薦め
○プレッシャーに強くなりたい方(スポーツマンやアスリートの方にもお薦めします)

スピリット・ヒーリング

キリスト以来最大の霊的治療家ハリー・エドワーズが行っていたとされる霊的治療(スピリット・ヒーリング)を自分なりに解釈し、それに印知感覚も加え、すべての症状に対応が可能とした当院オリジナルのヒーリングメソッドです。

印知感覚で特定した患部に、エンジェル(治療霊)を送り込むことにより、治癒するまで患部のヒーリングを継続する特徴があります。

当院の内臓ヒーリングでは、このスピリット・ヒーリングに加え、内臓のバランス調整、内臓のデトッククスを行っています。

顔の共鳴法

顔面にある体の共鳴点を利用してお客様の痛みや病気の元を解消する操法です。

顔には、体の骨格や筋肉がマッピングされていることが当院の独自調査で分かっています。

この顔にマッピングされた共鳴点(始点と終点)を施術する事により、お客様の体にある痛みの元である気滞を解消する操法です。

この操法の効果は絶大で、顔を施術することで顔と体と心が整います。

頭蓋骨共鳴法

頭蓋骨の共鳴点を利用してお客様の痛みや病気の元を解消する操法です。

お客様の痛みの元である気滞のある箇所に指を触れ、その気滞に共鳴(反応)する頭蓋骨の反応点に他方の指を触れます。

この状態で、両方の箇所から意識を外し、クォンタムエンライトメントのユーフィーリングの様な状態で両方の箇所を客観視し、気滞が解消するのを待つ操法です。

イメージの操法

お客様を意識すると、眼前に全身のメージが展開されます。

その展開した全身のイメージ上の気滞(気の滞り)のある箇所を大まかに特定します。さらに、体の細部を意識すると細部の気滞を特定することができます。

具体的には、骨のずれている方向や骨髄、骨膜や筋膜、筋肉のレベルまで確認が可能です。
そして、イメージは簡単に反転や回転させることも可能です。

さらに、この情報を解剖図や骨格模型などにコピーすると、より詳細に確認することができます。
遠隔療法では、この方法で診断や確認を行っていますので、
クライアントを適切に診断する事ができ、施術後の効果確認も可能な訳です。

ストレスポイ捨て操法

お客様の頭頂部付近にあるストレス(気滞)を両手の掌でかき集め、集めた気滞を空中に投げ放ちお客様のストレスを一瞬で解放する操法です。

最新の操法では、「マトリックス・エナジェティクス」の「タイムトラベル」でストレスが発生した過去にさかのぼり、ストレスのなかった過去の状態に変容させています。この操法は非常に強力で、免疫までアップする様です。

さらに、ストレスの大まかな概要も分かる様になりました。

そのストレスが仕事、職場、家庭、友人、学校、部活、その他、などの項目でそれが何時から発生したものなのかもです。例えば家庭だと、父との確執が5年前から存在していたなどの特定ができる様です。

ストレス解放呼吸メソッド

当院でストレスをポイ捨てしても、日々の生活の中で、ストレスはまた発生します。

ストレスを解消することが苦手な方やネガティブな思考癖のある方のために、自身でストレスを解放できるのが、この呼吸法です。

当院を利用して頂いた患者さんにはレクチャーし、ストレスの解放、心のコントロールに役立てて頂いています。

ヒーリングオールペイン・テクニック

お客様の前頭部にある痛みの情報を両手の掌でかき集め、集めた気滞を空中に投げ放ちに一瞬で痛みを解放する操法です。

お客様が認識していない痛みは解放できないので、操法の前に出来るだけ多くの痛みを明確に脳に認識させるかがポイントとなります。

尚、器質的な問題については、解放までに時間を要することもあります。

ヒーリングパストペイン・テクニック

「ヒーリングオールペイン・テクニック」で取りきれなかった個別の痛みを解放する操法です。
痛みが発生した以前までさかのぼり、痛みの無い状態に変容させ痛みを取り去ります。

臨床の結果では、ストレスが発生した時期と同じ時期にに発生したケースが多いようなので痛みの原因はストレスの可能性が高いと思われます。

ヒーリングオールペイン・ブレスメソッド

オリジナルの「ストレス解放呼吸メソッド」と「ヒーリングオールペイン・テクニック」を合体し、患者さん自身がストレスと痛みの情報を呼吸で解放する操法です。

自分の体は自分で治したいと強い意志をお持ちのお客様に限定して、レクチャーしたいと思っています。

尚、器質的な問題については、解放までに時間を要することもあります。

 

この画像は、遠隔整体で施術している時の画像です。患者さんの情報をデッサン人形にコピーし、ストレインカウンター・ストレインというテクニックで大腰筋をリリースしています。

正常にリリースできたかは、人形の大腰筋の気滞が消失出来ているか否かで判断しています。

 

お気軽にお問い合わせください。0276-88-8343営業時間 9:00 - 19:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。