koukuugeka

顎関節症は、
ストレス・トラウマを
解放することで
体の捻れと顔の捻じれを正し、
顎に溜まっている
活性酸素を除去することで、
あなたは、辛かった
顎関節症から解放されます。

このページでは、遠隔整体mindbodyによる
顎関節症の症状に関する考え方、施術の内容を紹介させていただいています。
顎関節症のつらい痛みから解放されたいと思っているあなたに
読んでいただけたら幸いです。

 

顎関節症とは 

顎関節部や咬筋(こうきん)等の痛み、クリック音、開口や顎運動の異常などの障害の総称です。

口がよく開けられないために、食事や会話にも支障を来すため厄介な症状の一つです。
人間の基本的な欲求や行動である食事やコミュニケーションが取りづらくなる事は、精神的にも辛い症状でもあると思います。

 

大きな要因はストレスによる体の捻れ

 この顎関節症は、様々な要因が複合化して症状に至っていると考えています。
そして、症状の中でも施術が難しい症状に分類されるものと思います。

様々な要因の中でも、特に大きな要因はストレスやトラウマによる体の捻じれだと思っています。
ストレスやトラウマを抱えられると、お腹や骨盤の奥にあるインナーマッスル(大腰筋・腸骨筋)がストレス・トラウマに反応して、硬縮したり左右のバランスを失い体が捻じれます。

daiyoukin
さらに、首を斜めに走行している胸鎖乳突筋(SCM)も同様にストレス・トラウマに反応して顔全体も捻じれます。
この捻じられた状態で、会話をしたり食事をすると顎関節の左右のバランスが崩れます。

kaisen

出典:Therapist Circle

 

また、無意識の食いしばり、頭蓋骨のずれや咬筋・首回り筋肉の硬縮なども加わり、口を開けなかったり、顎を動かすとクリック音がしたり、左右の動きがギクシャクするなどの症状に至ることが予想できます。

 

顎関節症への対応  

顎関節症の大きな要因である体と顔の捻れを整えることで、顎関節症の症状も解消できます。

体の捻れを整える

まずストレス・トラウマを解放することで体の捻じれを正し、顎関節を定位置に戻します。
そして顎関節のバランスを崩している要因を一つ一つ取り除くことで痛みの低減を図るとともに、顎の可動域を改善していきます。

 

顔を定位置に戻す

もう一つの要因は、顎関節や上顎骨、下顎骨には、両親や親族などからのネガティブな感情(想念)が記憶されている場合があります。これらのネガティブな感情(想念)が記憶された位置により、下顎が前方向や左右ににずれたりします。
そして、この記憶されている想念を解放することで顎が定位置に戻り、顎関節症が改善する事も分かっています。

この手順で施術する様になってからは、難しかった顎関節症が自信を持って施術出来るようになりました。
その結果、今では治癒の成績がグンと向上しています。

日々の生活でのアドバイス 

物を噛む時は片方の歯だけで噛まずに両方の歯で噛むようにすること。
特に、固いものを食べる際には十分気を付ける様にして下さい。

 

顎関節症の施術メニュー

顎関節症の施術メニューは「からだの痛み」コースをご用意しています。
コースの詳細は、からだの痛みコースをに記載していますので、ご参照ください。
尚、「からだの痛み」コースでも心と体を統合して診させていただきますので、体に症状を抱えられている方でも安心して受けていただけます。

お気軽にお問い合わせください。0276-88-8343営業時間 9:00 - 19:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。