pain

腰痛、坐骨神経痛は
比較的簡単な症状です。
多くの原因は、
ストレスやトラウマを
抱えたことによる
姿勢や体の捻じれ、
そして、
活性酸素の蓄積に
よるものです。

これらを解放することで
あなたは長年の腰痛から
解放されます。

このページでは、遠隔整体mindbodyによる
腰痛症の症状に関する考え方、施術内容をご紹介させていただいています。
腰痛・坐骨神経痛などの長年の痛みから解放されたいと願っているあなたに
読んでいただけたら幸いです。

腰痛症とは

腰に痛みや炎症を感じる総称を指し、ぎっくり腰のような急性の腰痛とある程度の間(3か月以上)持続的な痛みを感じる慢性型腰痛に大きく分類されます。

具体的な腰痛の種類は、筋筋膜性腰痛、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症、変形性腰痛症などがあります。

でも、当院では、施術回数が1~3回程度で比較的簡単に改善できる症状として、位置付けています。

腰痛症の要因 

腰痛の原因の多くは、大腰筋の短縮(固くなる)です。

腸腰筋は、腰椎から出て骨盤の中を通って大腿骨の内側に付着している筋肉で、脚を上げたり、姿勢を保持します。

 

daiyoukin

 

この腸腰筋が短縮すると姿勢が正常に保てなくなり、体が前傾したり回旋したりします。これにより体が捻じれ、足頸や脚、骨盤周囲等がダメージを受け、腰痛症となるわけです。

また、多くの妊婦さんが経験する腰痛は、お腹が前に突き出ることで自然と前傾姿勢になります。その結果、大腰筋や腸骨筋、腰部が常に緊張し、腰に痛みが出ることになります。

では何故、腸腰筋が硬縮するのでしょうか?

原因は、ストレスの影響や病院などで長時間待たされ同じ姿勢を続けていたり、筋トレ時の負荷の掛けすぎや急に手足を動かし過ぎなどの使い過ぎなどが考えられます。

では何故、多くの方が長期間腰痛に悩まされているのでしょうか?

それは、腰痛の原因の殆んどはストレスだからです。
現在の腰痛に関する医療や治療に携わっている部門では、腰椎や骨盤、筋肉や筋膜の体に対するアプローチが殆んどです。

腰痛の原因の殆んどを占めるトラウマ・ストレスにアプローチせずに、症状が出ている箇所(結果)にアプローチしているからなのだと思います。

ストレウ・トラウマにアプローチできる当院だからこそ腰痛治療は比較的簡単と位置付けている理由がここにあります。

腰痛症の対応  

腰痛症の施術では、まず、ストレスを解放し腸腰筋を緩めて姿勢や体のねじれを修正します。

その後、体が捻じれていた時の残っているダメージも一緒に取り去ることで多くの腰痛はその場で改善していきます。

これは、ぎっくり腰・腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症・坐骨神経痛でも同じアプローチになります。

その他の腰痛症としては、腰椎や骨盤に外部からの力が加えられ腰椎や骨盤の歪みが発生し、腰が痛むケースがあります。例えば、車との接触や自転車での転倒などです。

この様な場合には、腰椎や骨盤矯正を行うことで正常の位置に戻し、痛みを取り除きます。

辛い腰痛防ぐには、日頃から体のバランスに気を付けて生活すると共に、定期的に心と体のメンテナンスを行い、心と体をリセットすることが重要と考えます。

 

腰痛・ぎっくり腰の施術メニュー

腰痛・ぎっくり腰の施術メニューは「からだの痛み」コースをご用意しています。
コースの詳細は、からだの痛みコースをに記載していますので、ご参照ください。
尚、「からだの痛み」コースでも心と体を統合して診させていただきますので、体に症状を抱えられている方でも安心して受けていただけます。

お気軽にお問い合わせください。0276-88-8343営業時間 9:00 - 19:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。