kazoku

生殖器の活性酸素を
除去するだけ。
たった、これだけで
不妊症・不育症は改善に向かいます。

そして
あなたは自然に
妊娠し、出産
できます。

不妊症・不育症・PMSでお悩みの方へ

なかなか赤ちゃんが授からなくてお悩みの方
赤ちゃんは授かったけれど育たなかった方へ

不妊症・不育症など妊活(ベビ待ち)に効果的と言われている事は色々試したけど、結果が出なくてお悩みの皆さまが数多くいらっしゃると思います。

♦病院での不妊治療の結果が出なくて行き詰っている。
♦病院の検査では不妊の原因が分かっていない。
♦夫婦のどちらに不妊の原因があるのか分からない 。
♦2人目をなかなか授からない。
♦妊娠はするけど流産してしまう。
♦周囲からのプレッシャーが苦痛。
♦友人や知人の妊娠や出産で落ち込む
♦仕事をセーブして妊娠に備えているけど授からない。
♦鍼灸・漢方の不妊治療も試してみたけど授からない。
♦ヨガなど妊活に良いとされるエクササイズをしているが授からない。

さまざまな問題でお困りの皆さまのお役に立ちたいとの想いで、患者さんに日々向き合い、同時に私も成長させていただいています。

以下に、「不妊症」、「不育症」に関する情報、当院の取り組み、アプローチ法についてご紹介いたします。

皆さまのお役に少しでも立てれば幸いです。

 
遠隔整体を希望される方は、来院は不要です。
遠隔透視(リモート・ビューイング)にて、ご自宅に居ながら施術を受けて頂けます。
来院を希望される方には、対面施術も行っています。

「不妊症・不育症」の大きな改善ポイントは以下の2点です。

生殖器に溜まっている活性酸素を除去し、生殖器の機能低下を改善する。

こころを整え、ストレスに負けないように強化する。

あなたのこころとからだが整うことで、自然に赤ちゃんを授かる準備が整います。

「不妊症・不育症」を改善することで、
あなたの人生は一変し、本当のあなたらしい人生を歩んで頂けます。

 

不妊症・不育症の原因

不妊症・不育症、PMSの最大の原因は、女性生殖器のエネルギー不足による生殖機能の低下です。

 

卵巣が機能低下した場合

卵巣が機能低下しますと、卵子のグレードが低くなり妊娠がしづらくなります。
また、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が少なくなると「黄体機能不全」となり、卵子や子宮内膜に悪影響を及ぼします。

卵管が機能低下した場合

卵管が機能低下しますと、卵管の詰まりや癒着などが発生し、受精卵が移動できずに子宮に着床できにくくなります。

子宮が機能低下した場合

子宮の機能低下の場合には、受精卵が着床できなかったり、妊娠されても胎児が育たずに不育症になることがあります。

 

不妊症・不育症の方で不妊治療を受けている方もいらっしゃると思いますが、何故、妊娠や出産に中々至らないのでしょうか?
それは、根幹原因である卵巣や卵子、卵管や子宮に的確にアプローチせずに、機能低下を起こしている卵巣からできたグレードの高くない卵子を選別して、人口受精や体外受精を行っているからなのではないでしょうか。

また、若い頃の卵子を凍結する卵子凍結保存も注目されている様ですが、着床、育成する子宮へのアプローチが抜けている様に感じたりしています。
これでは、不妊治療の成績が上がらないのは当然の事かもしれません。

 

不妊治療の全てを否定するつもりはございません。
ただ、不妊治療を受けられている方のなかには現代医療を過信しすぎて、余りにも視野が狭くなっている様に感じることもあります。
また、不妊治療はどんどんお金をつぎ込む『ギャンブル』だとも報道されていたこともある様です。(毎日新聞ニュース)
 そこで、シンプルに考えてみます。
・機能低下している生殖器を活性化します。
・活性化されて正常となった卵巣からは、グレードの高い卵子が生まれます。
・グレードの高い卵子であれば自然に受精します。
・活性化され卵管であれば詰まりや癒着はなく、受精卵が子宮まで難なく移動できます。
・活性化された子宮であれば、受精卵が正常に着床して、胎児もすくすく育ちます。
 
当院では、卵巣や卵管、子宮などの生殖器に透視・印知感覚という特殊な能力により直接アプローチすることが可能です。
 
 ベビ待ち整体」を受けて頂いたある患者さんは、

「機能低下している卵巣のグレードの高くない卵子を使う不妊治療よりも、先生が行っている卵巣を機能回復させた後の正常な卵子のほうが当然妊娠しやすいですよね。
冷静に考えたら先生が言っている事の方が納得できました」
と、当院の施術を受けることを決断した理由を話して下さいました。

赤ちゃんを諦めていたり不妊治療をされていても結果がでなかった30歳から40歳台の患者さんに当院の生殖器を活性化する施術を受けて頂いたことで、妊娠された方か数多くいらっしゃいます。

 

女性生殖器の機能低下の要因

女性生殖器が機能低下したのは、以下の様な要因が考えられます。

母親や祖母から不妊症・不育症の素因がコピーされていた

多くの方は生まれて間もない頃に、母親や祖母から心配などのネガティブな感情とともに、不妊症・不育症の素因がコピーされている事が分かっています。
素因がコピーされますと生殖器に活性酸素が溜まり、生殖器が機能低下を起こします。

現在、不妊症の方は卵巣や卵管など、不育症の方は子宮などに溜まった活性酸素により、生殖器のエネルギーが低下している状態で大人へと成長されていると思われます。

さらに、成長の過程で発生する様々なストレスなどの要因により、女性生殖器のエネルギーレベルが更に低下して、不妊症・不育症にいたっている様です。

母親は出産しているのに何故?と疑問が出てくると思います。
過去に遡って母親の情報を調べますと、母親の女性生殖器のエネルギーレベルは、妊娠できるかどうかの境界線のレベルにいた方が多い様でした。
すなわち、母親も妊娠して出産できるかの瀬戸際におられたのですが、運よく妊娠・出産できたということだと思われます。

 

強いトラウマや多くのストレスを抱えている

不妊症・不育症の多くの方は、多くのトラウマやストレスを抱えられ、それらが原因で女性生殖器が機能低下し、不妊症、不育症になられています。

恐怖麻痺反射(原始反射の一部で初期子宮内反射とも言う)が残存されていると、外部などからのストレスで身を固める反射を起こし、これが原因となり、生殖器への影響を及ぼしていることがあります。

 

心の疾患によりトラウマやストレスを抱えやすい 

不妊症や不育症の方は、不安障害などの精神疾患を疾患を抱えられている方が多い様です。
こころの病気を抱えられていることで、社会や家庭での生活の中でストレスやトラウマを抱えやすくなったり、ネガティブな思考を繰り返すことで女性生殖器のエネルギー低下を招きます。

さらに、プロゲステロン(卵黄ホルモン)の分泌量が低下して女性ホルモンのバランスも崩れている方もいらっしゃいます。

この不安障害などの心の疾患の元をたどりますと、新生児の時に両親や祖父母からネガティブな感情とともにこころの病気の素因もコピーされていたことが分かっています。

 

ストレスから姿勢が悪くなり体も緊張する

ストレスを受けると視床下部配下の自律神経に悪影響を与えます。
そうすることで交感神経が常に優位な状態となり、体が無意識に緊張(過緊張)し、歯を食いしばったり、首や腕、胸やお腹の筋肉が硬くなります。

特に、ストレスの影響を受けやすい内臓の奥にある大腰筋や骨盤内部の腸骨筋という筋肉が固くなります。
そうすると、卵巣や子宮などの婦人科系の臓器が圧迫されることで血流が悪くなり、婦人科系の内蔵の機能低下に至ることが容易に予測出来ます。

 

不妊症・不育症・PMSへの対応

当院では、不妊症や不育症になる大きな要因は、男性・女性生殖器に蓄積した活性酸素によるもの思っています。
PMSも不妊症と同様です。

活性酸素が男性・女性生殖器に蓄積することで生殖器は機能低下を起こしています。

当院では、西洋医学や鍼灸などの治療、ヨガなどのエクササイズとは別の視点からあなたの妊活をサポート致します。

病院や鍼灸、ヨガなどにしかできないそれぞれの分野があるように、当院にしかできない不妊症・不育症、PMSへのアプローチの方法があります。

そのアプローチ法とは、不妊やPMSの症状改善に向けてこころと体を統合的にアプローチすることです。

不妊症やPMSの病気の素因へのアプローチ

ストレス・トラウマや精神疾患など感情面とこころへアプローチ

体の構造面・生殖器へのアプローチ

以上のアプローチにより、こころと体を整えることで自然に赤ちゃんが授かる環境を創り出すことができます。

もしあなたが今までにこの様なアプローチを受けていないのであれば、当院はあなたの妊活・PMS改善のお役に立てるものと思います。

 

そして、無事出産された後には、骨盤矯正などでの骨盤の歪み改善や産後の体調面でのコンディショニング調整、赤ちゃんの頭蓋骨調整など育児に関する心と体のメンテナンスもお手伝いさせていただきたく考えています。

PMSがお悩みの40歳台の患者さんは「とにかく子宮の調子が良いんです。若い頃に戻ったようです」と仰ってくださいました。
このお話しからでも、生殖器が活性化されていることが伺いしることができます。

PMSでお困りの方、赤ちゃんを授かりたいと願っている方、決して諦めないで下さい。
未来の赤ちゃんがあなたのお子様になる日を待っています。

当院では、不妊症・不育症の方を対象に「ベビ待ち整体」のサービスを提供させて頂いています。

 

男性不妊症 不妊症全体の48%を占有

funingenin

男性不妊症の
原因の多くは
仕事のストレスです

男性不妊症の種類

男性不妊症は大きく以下の4つの分類されるようです。

乏精子症

文字通り精子の数が決定的に少ない状態。

無精子症

精液の中に精子が見当たらない状態。

精子無力症

元気な精子が少ない状態。

勃起障害(ED)

いざという時に十分に勃起しない、勃起が続かない状態。

男性不妊症の原因

男性不妊症の原因は大きく以下の2つに分かれると思います。
一番の原因は仕事関連のストレスです。
尚、占有率の数字はあくまでも当院のリーディングの数値です。

仕事関連のストレスを抱えた(90%)

当院の臨床経験では、以下の要因により短期的に男性不妊症になられたり長期的に男性不妊症を抱えられたりするようです。

男性の仕事の内容:責任の思い仕事、クレーム処理、繁忙
男性の精神疾患の有無:不安障害など
男性の性格:ネガティブ思考

病気などその他の要因(10%)

その他の要因としては、主に以下の要因が考えられます。

親からの男性不妊症の素因のコピー
糖尿病などの病気の発症:糖尿病の治療が必用

男性不妊症の症状の改善に向けて

この様に男性不妊症の根幹要因は、仕事関連のストレスや心の疾患、親からの男性不妊症の素因のコピーによる男性生殖器(精巣・陰茎)のエネルギー不足による機能低下にあると思っています。

心の疾患やトラウマ・ストレスを解放し心を安定させることで、男性生殖器のエネルギー低下が起こらない様にします。

男性不妊症の素因を解放することで精巣などの男性生殖器を活性化し、精液のグレードアップを行います。

ホルモンバランスを整えます。

 

不妊症・不育症の施術メニュー

不妊症・不育症の施術メニューは「ベビ待ち整体」コースをご用意しています。
コースの詳細は、ベビ待ち整体コースをに記載していますので、ご参照ください。
尚、「ベビ待ち整体」コースでも心と体を統合して診させていただきますので、体に症状を抱えられている方でも安心して受けていただけます。

 

お気軽にお問い合わせください。0276-88-8343営業時間 9:00 - 19:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。