nyugan

ご安心ください。
がんは
治る病気です。

原因となっている
活性酸素を
除去することで
驚くほど短期間で
良くなります。

がんは恐るるに足りない
病気です。

遠隔整体によるがん(癌)への取り組み

このページでは、遠隔整体mindbodyによる
がん(癌)に関する考え方や施術内容を紹介させていただいています。

・がんの不安を抱えた生活から解放されたい方、
・がんの不安を少しでも解放してあげたいと願っているご家族の方
に読んでいただけたら幸いです。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

では、ごゆっくりご覧ください。

遠隔整体であなたは短期間でがん(癌)から解放されます

あなたの癌は、何故、すぐに良くならないのでしょうか?
医療の事など分からないと言わないで、あなたも一緒に考えてみてください。

昔から、がんの原因は、何と言われてきたでしょうか? ・・・

がんの原因は、「活性酸素」と言われてきました。

では、何故、あなたが受けている治療で、あなたの癌は良くならないのでしょうか?

答えは簡単です。
がんの原因である「活性酸素」にアプローチしていない治療を受けてきたからです。
的外れな治療と言ってもいいと思います。

活性酸素は、現代医療の画像検査では写らないので、癌が発生した箇所の対症療法しかできないのです。
もっと、広い範囲に活性酸素が存在ていればす、いずれは再発します。

今まで、さまざまな不安や心労を抱えて生活をされてきたことと思います。

・がんの痛みや治療の苦しみと戦っている。
・余命を告げられ精神的ショックを受けている。
・転移に不安を抱えている。
・手術後の再発の不安を抱えている。
・がんが発症し、夢と希望を失いかけている。
・家族も精神的なケアが必用になっている。

しかし、皆さまが思われているように、
がんは、それほど恐ろしい病気ではありません。

がんが発生している箇所の「活性酸素」を除去することで、驚くほど短期間に改善方向に向かいます。
本当に驚くほどにです。

当院が対象としています具体的ながんの病名は、
脳腫瘍、咽頭がん乳がん肺がん胆嚢がん食道がん胆管がん胃がん肝細胞がん皮膚がん子宮がん大腸がん子宮頸がん膵臓がん膀胱がん腎細胞がん脾臓がん尿管がん前立腺がん卵巣がん膀胱がん悪性リンパ腫多発性骨髄腫などです。
太字は現在までに対応した癌を示しています)

遠隔整体を利用されると、通院は不要です。
遠隔透視(リモート・ビューイング)という特殊能力を使って、患者さんがご自宅や病院などに居ながら施術を受けて頂くことができます。

また、来院を希望される方には、対面での整体も行っています。
 
当院では、がんや難病は特別な病気ではないと思っています。

がんを含めたその他の病気でも、体に溜まった活性酸素とネガティブな感情からアプローチする当院の対応方法に変わりはありません。

以下にがんに対する当院の考え方、当院にしかできないアプローチ方法についてご紹介させていただきます。

引き続きご覧ください。

がん(癌)の一般論

がんとは、一般的には以下のような病気だと考えられています。

誰にでもがんになる可能性がある

現在日本人は、一生のうちに、2人に1人は何らかのがんにかかるといわれています。がんは、すべての人にとって身近な病気です。

がんは予防できるけれど完全には防げない

がんは、禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消などによって、「なりにくくする(予防する)」ことができる病気です。しかし、それらを心がけていても、がんにならないようにすることはできません。

がんは移る病気ではないとの事ですが

がんは、遺伝子が傷つくことによって起こる病気といわれています。そしてがんという病気自体が人から人に感染することはないともいわれています。

 

以上の様に、世間一般では、がんは移る病気ではないと言われていますが、この情報は、一部間違っています。
当院での臨床の結果、がんの症状も他の病気や症状と同様に、他人からの想念と一緒にがんの症状や素因が移されていることが確認できています。

以上のように、
がんは他の病気と同じ様に、両親や祖父母、先祖や他人からの想念で移される病気であり、何ら他の病気と変わりはありません。

当院では、診断の結果は、お客様に包み隠さず正直にお伝えしています。
がんについても同様で、「がんの感覚(または、がんの素因)が確認できました」とお伝えします。

正直にお伝えするという事は、言いっ放しではなく、改善に対して自信を持って確実にフォローさせていただくことの表れだと思っています。

 

がん(癌)の4つの要因

当院では現在のところ、がんの要因は以下の4つと考えています。

がんの素因が先祖や両親からコピーされている

生まれて間もなく、両親などから、病気や『がんの素因』をコピーされている場合があります。これが後に発症する『がんの火種』となります。

自分が抱えたストレス・トラウマや自分への想念

自分が成長する過程の学校・仕事・恋愛・家庭などで抱えたストレス・トラウマが活性酸素となって蓄積する事があります。
これが、『がんの火種』が悪化し、がんが発症する要因となります。

他人から受けた想念

上記の自分に起きたことが当然の如く他人にも起こっています。
他人が抱えている癌の症状が想念とともに送られてくるからです。

同様に、これが『がんの火種』となったり、『がんの火種』からがんが発症する原因となります。

例えば、
Aさん(男性)は、生まれながらに父親から胃の病気の素因をコピーされていました。仕事の関係でストレス・トラウマを継続的に抱えられたために、自分に想念を送る様になりました。

その結果、『胃の病気の素因』が胃がんへと進行し、胃がんが発症しました。

Bさん(女性)は心の病気であるパーソナル障害を抱えていたものの、体については特に両親などからもがんや病気の素因もコピーされずに健康的に生活されていました。

ところが、その後に知り合った知人と感情的なトラブルが起き、知人が抱えていた『乳がん(癌)の病状』を想念とともにを送られ、その後、乳がんが発症しました。

以上の例のように3つの原因が重なり合い、両親からコピーされた内臓の病気の素因ががん(癌)化したり、他人から送られた想念とがんの素因がより深刻化してがんが発症している様なのです。

不倫の天罰として癌がコピーされる

不倫をしたことで、28種(男性は27種)のがんが天罰として与えられていることが分かってきました。(2017年3月時点)

具体的には、海王星のネガティブなエネルギーを浴びることで、がんがコピーされます。

がん(癌)への対応について

当院のがんに対するアプローチ方を以下にご紹介いたします。

がんの発生を可能な限り防ぐ

がん(癌)の素因や病気の素因を未然に摘み取ることです。

もし、ご両親や祖父母、ご兄弟などにがんを抱えられた方がいらっしゃる場合には、将来、がんが発症したり、がんの素因(種火)を抱えられている可能性が高いものと思われます。

この様な場合には、出来るだけ早いうちに『素因』を摘み取り、火種を消すことが大切です。

当院では、『がんの素因』である体に溜まった活性酸素を除去することで素因を摘み取ることができます。
さらに、がんを深刻化させたり、想念をおくる要因でもある『こころの病気』を解放することもできます。

がんへのアプローチ

それでは当院のがんに対する対応方法について説明させていただきます。
当院では、がんを顔のシミに見立ててイメージしてみます。

 

shimi「シミとがんメカニズムの役割分担」

・メラノサイト:がん・病気の素因
・メラノサイト活性化因子:トラウマ・ストレス
・紫外線:想念
・メラニン:癌細胞
・シミ:悪性腫瘍

 

以下ががんが出来るメカニズムです。

まず、親から『がん・病気の素因』の『メラノサイト』がコピーされたとします。

『がん・病気の素因』の『メラノサイト』に対して『ストレス・トラウマ』の『メラノサイト活性因子』が刺激を与えます。

さらに、『想念』である『紫外線』も、『がん・病気の素因』の『メラノサイト』に対して刺激を与え続け活性酸素を発生させます。

その結果、『メラノサイト』である『がん・病気の素因』が『メラニン』という『がん細胞』を作りはじめます。

その作られた『メラニン』という『癌細胞』が集まり、『シミ』という『悪性腫瘍』が出来るわけです。

以上ががん発生のメカニズムです。

発生した、がんへの対応は、以下の6つです。

メラノサイト活性因子の『ストレス・トラウマ』を解放する

現在までに心や体に記憶されているトラウマ・ストレスを解放します。
これにより心や体への悪影響を低減します。

『こころの病気』を解放する

ストレス・トラウマを抱えやすくしていた原因の心の病気(精神疾患)を解放します。
これにより心や体への悪影響をさらに低減させます。

紫外線である『想念』を解放する

他人から受けていた想念(活性酸素)を取り除きます。

メラノサイトである『がん・病気の素因』を消失させる

両親などからコピーされたがんや病気の素因を取り除きます。
具体的には、細胞にある活性酸素を除去し、細胞にエネルギーを与えることで活性化を図ります。

メラニンである『がん細胞』を消失させる

作られたがん細胞を取り除きます。
具体的な対応方法は、上記のメラノサイトの対応と同じです。

シミという『悪性腫瘍』を消失させる

増殖したがん細胞を取り除きます。転移先も含めてです。
具体的な対応方法は、上記のメラノサイトの対応と同じです。

がんは、こころが作ったもの、感情が作ったものだと思っています。
これは、がんだけではなく、その他の病気も同じだと思います。

病状の深刻化を防いだり転移を防ぐには、身体は勿論ですがこころと感情を安定させることが不可欠だと思っています。

そして、がんが深刻化しないうちに、転移などが少ない内に早期対応を行うことと、定期的に病気の素因、ストレス・トラウマ、想念による活性酸素を除去・解放することが大切だと思います。

そして心をしっかりと持ち、今に生きて、一歩一歩前を見据えて進んでいただきたいと思います。

そうすることで、あなたに光がさし、あなたの未来は輝いてくるものと思います。

当院では、この様な考え方、アプローチでがんに取り組んでいます。

もし、今、がんを患っていて当院の対応内容に賛同されたり、興味のある方は、遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

乳がん 転移の要因は想念の活性酸素

 乳がんを例に説明いたします。

下図は女性の乳房の図です。
グレーの線で囲まれた部分が自分や他人から送られた 想念のエネルギー帯とします。

この想念エネルギー帯に囲まれている部分は、 時間が経過するに従って、 気が滞り、循環がどんどん悪化していきます。

すなわち、 細胞分裂して癌細胞が生成されたり、癌細胞が増殖しやすい 環境とも言えると思います。

例えば、親からがんの素因をコピーされている場合に、 自分で多くのストレス・トラウマを抱えてしまい自分に想念を送ってしまうと、 がんの素因が悪化し、ついにはがんが 発症することが考えられれます。

また、 本人には、がんの素因がなくても 他人から想念とともに「がんの症状」が送られることで、 がん細胞はどんどん増殖していくことが予想できます。

さらに、 下図の様に様々な箇所に転移することも考えられます。

さらに、

 

想念のエネルギーは左図の様に乳房だけではなく、体の様々な箇所に送られている事があります。

運悪く、乳房のがん細胞が転移したところに想念のエネルギー帯が存在した場合には、がん細胞の増殖と転移がどんどん加速されることが 予測できます。

 

 

がん(癌)の症状を改善させたり 癌(がん)細胞の増殖や転移を減速化させるために

がん細胞の気滞(活性酸素)を解消

想念エネルギー帯(活性酸素)の解消

ストレス・トラウマの解放

不安症などの心の病気を改善

を行うことで、がん(癌)に負けない心と体を手に入れれるものと考えています。

子宮頸がん 病気の素因と活性酸素を除去

子宮頸がんを例に説明いたします。

下図は女性の生殖器の図です。
グレーの線で囲まれた部分が自分や他人から送られた 想念のエネルギー帯とします。

この想念エネルギー帯に囲まれている部分は、 時間が経過するに従って、 気が滞り、循環がどんどん悪化していきます。

すなわち、 細胞分裂して癌細胞が生成されたり、癌細胞が増殖しやすい 環境とも言えると思います。

例えば、親からがんの素因をコピーされている場合に、 自分で多くのストレス・トラウマを抱えてしまい自分に想念を送ってしまうと、 がんの素因が悪化し、ついには癌(がん)が 発症することが考えられれます。

また、 本人には、がん(癌)の素因がなくても 他人から想念とともに「がんの症状」が送られることで がん胞はどんどん増殖していくことが予想できます。

さらに、 下図の様に様々な箇所に転移することも考えられます。

さらに、

想念のエネルギーは左図の様に子宮だけではなく、体の様々な箇所に送られている事があります。

運悪く、子宮頸がんの癌細胞が転移したところに想念のエネルギー帯が存在した場合には、癌細胞の増殖と転移がどんどん加速されることが 予測できます。

でも、がんの症状を改善させたり がん細胞の増殖や転移を減速化させるために

 がん細胞の気滞を解消
 想念エネルギー帯の解消
ストレス・トラウマの解放
不安症などの心の病気を改善

を行うことで、
がんに負けない心と体を手に入れられるものと考えています。

 

がんの施術メニュー

がんの施術メニューは「からだの病気」コースをご用意しています。
コースの詳細は、からだの病気コースをに記載していますので、ご参照ください。
尚、「からだの病気」コースでも心と体を統合して診させていただきますので、体に症状を抱えられている方でも安心して受けていただけます。

お気軽にお問い合わせください。0276-88-8343営業時間 9:00 - 19:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。