「言葉の遅れ」に対する取り組み

こんにちは 男鹿鷹です。

今日のテーマは、「言葉の遅れ」に対する取り組み内容をご紹介します。

言葉を発するためには、3つの機能が必要とされています。

これらの機能が1つでも低下していると、言葉が遅れたり、コミュニケーションが

うまくとれなくなります。

言葉を発するために必要な3つの機能

(1)聞く機能

話を聞く聴覚機能の事です。

(2)聞いた内容を理解する機能

相手が話した内容を理解する機能の事です。

(3)ことばで表現する機能

自分が言いたいことを組み立てて表現する機能の事です。

では、

言葉の遅い子は、具体的にはどのような問題を抱えられて

いるのでしょうか。

言葉の遅れの問題点と対応

(1)内耳の聴覚機能が低下し言葉が聞き取れない

内耳にある聴覚を司る蝸牛という器官が機能低下し

言葉をうまく聞き取れない。

対応として、

蝸牛に蓄積している活性酸素を除去し、聴覚機能をアップする。

(2)ウェルニッケ言語野の機能低下により聞いた内容が理解出来ない

左脳にある言葉を理解する機能を持つウェルニッケ言語野が

機能低下しているために、相手の言葉がうまく理解できない。

対応として、

ウェルニッケ言語野に蓄積している活性酸素を除去し、

言葉の理解力を高める。

(3)ブローカ言語野の機能低下により思ったことが表現できない

左脳にある言いたいことを組み立てる機能を持つブローカ言語野が

機能低下しているために、言いたいことが言葉に出ない。

対応として、

ブローカ言語野に蓄積している活性酸素を除去し、

言いたいことが組み立てられ、表現する能力を高める。

そして、

機能低下の多くは、先祖や親からの影響によるものです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
具体的にはどのようにもう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

自宅で施術が受けられる遠隔整体
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリ

Follow me!